読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

501宮藤、合説に参加

春の香りとともに、リクルートスーツを着た就活生。今年も就活のシーズンがやってきた。

「魔法力が終活」でお馴染みの501宮藤(16)が、扶桑での合同説明会に冷やかしに来ていた事が明らかとなった。

 

説明会に入場した淫獣は手始めに、就活生に向けての講演会を開始。勤務と称し昼寝を続ける下半身全裸(17)の映像を流しながら、「私は中卒だがお前らの両親の何十倍もの年収を稼いでいる」「合説行くよりも学内説明会を優先しろ」「今更業界研究とかしている奴は、とっくにあがりを迎えてるのを知りながら新烈風斬を放つために訓練している奴と同じレベル」と矢継ぎ早に言いたい放題。

 

歯噛みする就活生達を見て満足気な畜生だったが、その後やってきた大勢の学生の波に流されて無事に溺死。天国からの内定を勝ち取る事に成功した。

 

この件に関し、501坂本教官は「就活ではSPTが軽視されがちだが、とても重要だ。人柄が良くても学科が悪ければ面接には漕ぎ着けないからな」と勉学の重要性について語った。記者から「SPT?それってSPIの事では?」との指摘を受けると、「そうだったな、SPTはペリーヌの事だったな(笑」と、赤面しながらコメント。会見は終始和やかな雰囲気に包まれた。

 

なお、宮藤は明日の出撃には間に合う模様。胸にアイシングを施して、様子を見る見通しだ。